洋楽を聴いてみた。

25年かけて聴いてきた500を超える洋楽アーティストを、itunes上でシャッフルして、選ばれた曲を動画と共にお届けします

Drum Solo

ドラマー5選 5回目 Matt Halpern

Matt Halpern 私が愛してやまないperipheryのドラマーMatt Halpernを最後の締めくくりに投稿する。彼のスタイルは正確無比ではなく、体全体でグルーブを感じ、手数の多さ、ユニークなパターンをいくつも演奏する事を得意としている。彼の様にシンバルを多用…

ドラマー5選 4回目 Mike Portnoy

Mike Portnoy プログレッシブ・メタルバンド「Dream Theater」の初代ドラマーとして知られる。サイドプロジェクト、「Liquid Tension Experiment」やDream Theater脱退後も「The Winery Dogs」、「Sons of Apollo」で活動中 Dream Theater - Mike Portnoy Dr…

ドラマー5選 3回目 Bill Bruford

ビル・ブルーフォード。 彼こそプログレ界の生き字引的天才ドラマー。 YES、キングクリムゾンに加入。両バンド共に、彼のいた時代が黄金期として認識しても差し支えない。 また自信が主催するJAZZグループ””アースワークス””でも独特な演奏スタイルを見せて…

ドラマー5選 2回目 Gavin Harrison

Gavin Harrison Porcupine TreeやKing Crimsonでプレイしているが、ソロ活動や多数のバンドのドラムも担当している。演奏曲はPorcupine Treeの”Anesthetize” Gavin Harrison Anesthetize Gavin Harrison - The Chicken (drum solo) (Live on Letterman 08-23…

ドラマー5選 1回目 Rush - Neil Peart

ニール・パート(Neil Peart、1952年9月12日 - )は、カナダのミュージシャン。ハードロック/プログレッシブ・ロックバンド、ラッシュのドラマーとして知られる。 ローリング・ストーン誌の「読者が選ぶ史上最高のドラマー」で第2位、リズム・マガジン誌によ…